最近の投稿ニュース

2019-03-16

「北海道戯曲賞」大賞受賞。出演者の皆さんからお祝いコメントいただきました。

うさぎストライプと親父ブルースブラザーズとして上演いたしました、大池容子作『バージン・ブルース』(2018年5月こまばアゴラ劇場にて)が、平成30年度 希望の大地の戯曲「北海道戯曲賞」の大賞を受賞しました。

受賞に際して、作者である大池容子、同作品の出演者である志賀廣太郎さん、中丸新将さん、小瀧万梨子からのコメントをご紹介します。

大池容子のコメント

2017年5月にうさぎストライプと親父ブルースブラザーズとして上演した『バージン・ブルース』が平成30年度 北の大地の戯曲「北海道戯曲賞」大賞を受賞しました。

受賞後、仕事でアゴラの事務所に行ったのですが、一生分の「おめでとう」と北海道美味しいもの情報をたくさんの方からいただきました。贈呈式の帰りにジンギスカンと味噌ラーメンを食べて、バターサンドを買って帰ろうと思っています。

大先輩の志賀廣太郎さんと中丸新将さんに、あの「お父さん」たちを演じてもらったのは、今考えると結構とんでもないことだなあと思います。学ランやおっぱいを装着して「バーミリオン」「ウィスタリア」と変なあだ名でお互いを呼び合う変なシーンを稽古しながら、密かに大はしゃぎしてました。

戯曲にいただいた賞ではありますが、やっぱりあの座組でつくった作品にいただいた賞だなあと思います。ちょっと稽古しては「時間ください!」と言って書き直し「ちょっとこれ読んでみてください!」を繰り返す時間にお付き合いいただきながら、あの二人のお父さんと一人娘、そして式場係に書かせてもらった台詞だなあと思います。

あの時、稽古場や劇場でお酒を飲みながら演劇の話をする時間は自分にとっての一生の財産になりました。うさぎを旗揚げした時に、十年やってひとつも戯曲賞を獲れなかったら演劇辞めようかなあと密かに思っていたのですが、辞めずに済みそうです。地道に愚直に頑張りますので、これからもうさぎストライプをよろしくお願いいたします。

大池容子


出演者からコメント

志賀廣太郎さんからのコメント

大池さん、北海道戯曲賞大賞受賞おめでとうございます。上演に関わった者として、本当にわがことのように嬉しいです。

男性器の異常に長い、そして豊満な乳房を持つ二人の父親に育てられた娘。そうしたアブノーマルな家庭の愛。それが何を意味するのか、言葉にするには少々骨がおれますが、あまりそんなこと考えずに、すっとその状況を受け入れて稽古を重ね、気が付けば本番でした。と言うとあなたが楽に書いたように思われるかもしれませんが、いやいや何回書き直したことか。身近に見ていて、創作の苦しさと言いますか、とにかく改めて作品を創ることの大変さを思いました。俳優として参加できたことを誇りに思います。

心からおめでとうございます。

『バージン・ブルース』より

中丸新将さんからのコメント

大池さん、イヤ、お池、この度は北海道戯曲賞大賞受賞おめでとうございます。

桐朋学園の先輩の志賀さん、イヤ、コウタ、後輩の小瀧君、イヤ、まこ、貴方達とこの芝居に参加出来て、言い出しっぺっぽい中丸としてはとても幸せでした。もし万が一バージン・ブルースの次回作があるとしたら中丸は大池容子的倒置法的セリフは無理ですからね。

『バージン・ブルース』より

小瀧万梨子からのコメント

受賞発表の前日、あなたと魚が美味しい飲み屋で「野うさぎの走り」という焼酎を呑んだ帰り、少し今作の稽古当時を振り返ったりしたの。志賀さんが持ってきてくれたひしゃくですくう焼酎美味しかったね。中丸さんはいつも稽古場の冷蔵庫をビールでいっぱいにしてくれていたよね。私たちだけの稽古場だと発泡酒が並んでいるから感動したね。急に2人できたお父さん達の、食育ならぬ酒育は素晴らしかったわね。

受賞発表の明くる日も、今作を上演した こまばアゴラ劇場であなたと一緒だったね。浴びるような『おめでとう』とあなたの顔を見て、芝居続けてきて良かったのかもと思ったり思わなかったり。

いやいやいや。我々まだまだこれからだ。4月には新作『ハイライト』も控えておる。

あの日の飲み屋のおでんも美味しかったなぁ。調子乗ってボトル入れたんだった。呑みに行かなきゃね。また4月アゴラ劇場だもんね。うん。行こう。

劇場と稽古場、そしてそんな場所を常に維持し続けてくれているオリザさんにも感謝が込み上げてみたりして。

私からあなたには『ありがとう』。一瞬一瞬が贅沢な時間でした。

私は、あなたの芝居が大好きです。

『バージン・ブルース』より

<お知らせ>
2019年3月24日(日)14:00より、札幌市中央区の扇谷記念スタジオシアターZOOにて、大池容子作『バージン・ブルース』が「北海道戯曲賞」大賞受賞作品としてリーディング形式で上演されます。終演後のアフタートークには大池も出演予定です。詳しくはこちら

関連記事
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。